FC2ブログ
新年ごあいさつ
2017 / 01 / 12 ( Thu )
新年あけましておめでとうございます。

丁酉(ひのととり)の年、皆様はどんな新年をお迎えになられたでしょうか。

通信


酉(とり)が鳴くのは朝、太陽が昇る時であることから、
太陽の神を呼ぶ力があるとされています。
「果実が極限まで熟した状態」を表す酉年は
成果・結果を「取り込む」年と言われます。

今年も皆様にとりまして豊かな実り多き年となりますよう
暖家もさらに飛躍できますよう心新たに歩んでいきたいと願っています。


本日、新年のご挨拶回りをさせていただきました。

阿久根市庁舎にある地域包括支援センターから
社会福祉協議会をスタート地点とし
長島町をまわり12事業所を訪問させていただきました。

1

桃の家様の周辺はぼんたんの木がいっぱい!

3

4

いつも温かい笑顔で迎えてくださる翠香苑様から

5

長島町の地域包括支援センターへ

6

Facebookでも素敵な写真をUPされている
達者の家様は蔵之元港のすぐ目の前!

7

8

たくさんの優しい笑顔に出会えてとても嬉しい時間でした。

午後からは事務所にカンズメ状態になってしまったので
明日は隣の出水市の事業所にご挨拶に伺う予定です。

今年も事業所様、利用者様のお役に立ち
より心地よく安心、安全に毎日を過ごしていただけますよう
誠心誠意、頑張って行きたいと存じます。

どうぞ本年も宜しくお願いいたします。
m(_ _)m


ケア・リフォーム暖家 WEBページはこちら

23 : 59 : 44 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
再稼働いたします(^O^)
2016 / 11 / 23 ( Wed )
3ヶ月ブログをお休みいたしました。
m(_ _)m

この間にたくさんの学びや出会いがあり、
あちこち駆け回った分、豊かな収穫が有り
自分の自信とビジョンに繋げる機会を得ました。

それについては
また書いていきたいと思います。


暖家の業務は3年目に入り
福祉用具専門相談員は4名になりました。

DSC_0595.jpg

ますます力強く
皆様のお役にたてる体制を整えます。

太田電機

太田電機工業所の経理業務が繁忙期でした。

建設業は県の許可を受けなければ
公共工事に携われません。
決算後の建設業変更届提出
経営状況分析と経営審査の準備
5年ごとに更新される
建設業の許可申請におおわらわ!
そして
何とか今年の更新も
無事済ませることができました。

その途端!!
転んで足を捻挫・・・(泣)

足

ホッとしたのか
気が抜けたのか
油断しましたね~^^;

気を取り直して
明日から
暖家通信をお届けに
駆け回るつもりです(^O^)/

通信14


暖家通信


でも転ばないよう
軽いフットワークで♪

どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m


ケア・リフォーム暖家 WEBページはこちら
18 : 02 : 42 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
祝🌼2周年🌼
2016 / 08 / 28 ( Sun )
ケア・リフォーム暖家
小さな看板を掲げました。

看板

今年、創業70週年を迎える
太田電機工業所は
電気、水道、空調工事が専門
です。
その中で
”ケア・リフォーム”部門として
歩き始めて2年。

最初は手すりの取付けから
介護保険住宅改修で
段差の改修やトイレの改修。

そして2年目からは
福祉用具のレンタル・販売事業の県の許可をうけ
少しずつですがスタッフも増え
次のステップへと歩みを進めています。

”ケア・リフォーム”というのは
病気や高齢、事故などのために
障がいや不自由があっても
住み慣れた愛着のある自宅で、
できる限り永く暮らせるように
そして、人生を楽しめるように

本人がもつ残存能力を活かし、
毎日を活き活きと、
自立(自律)した生活をするための
福祉のリフォームです。

おひとりおひとりの症状や状態に合わせ
福祉用具や住宅改修など住環境を整えることで
生活の能力は補完できます。

「生きることは喜びだ!」
そんな毎日を暮らしていただける
住環境を提供することができるよう
知恵と汗をしぼって(笑)
精一杯、誠一杯
お役に立ちたいと思っています。

ケア・リフォーム暖家
小さな一歩を踏み出した時
いただいたウンベラータ

unn1.jpg


2年目すくすく伸びて

うん2


3年目に入った今

うん3

遥かに私の背を追い越し
天を仰いでいます。

この子のように
素直に、強く
与えられた環境を喜び
伸びていきたいと
いつもいつも
励まされています。

目に見えるところは
シンプルでも
その下に
脈々と根を伸ばし
しっかりとひとつずつ
喜びの根を、芽を、枝を
育てていきたいと思います。

どうぞ
これからも宜しくお願い致します。

m(_ _)m

ケア・リフォーム暖家 WEBページはこちら

23 : 04 : 28 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
[わからないから・・・」と 我慢をしていませんか?~後編~
2016 / 06 / 19 ( Sun )
前編から随分日がたってしまいましたが・・・
(^_^;)
前編でご依頼をお受けした手すり工事の後編です。


ご主人様が入浴中、浴槽から
立ち上がれず、ぐったりして
すでに救急車で何度も運ばれていました。

奥様はどうしていいかわからないまま
お一人で精一杯のことをされ
我慢をされていました。


「なんだかわからないし面倒で・・・」
敬遠されていた介護保険の申請をし、
認定を受けて、改めて手すり工事の下見に。

手すり取付け位置の確認をしていると
同行したタイル職人さんが

「壁のタイルはこの剥がれている所だけでなく
 全部浮いちゃってますね~
 トイレも風呂も、ぜーんぶ!」

!!!!!

全部?!
トイレとお風呂の壁タイル
全部貼替え?!

!!!(@_@;)!!!

風呂1
トイレ1

手すりを取付ける下地だけタイルを貼替える
見積もりを出すつもりでした。
・・・
やはり
家も20年、30年と経つうちに
色々なところが傷んでいます。
予定外のことが起こるのですね(*_*)


介護保険では経年劣化による改修には
お金が出ません。

たとえそれが手すりの下地補強であっても、です。

泣く泣く(;_;)
施主様にはご説明し
実費にて改修していただき・・・

風呂2
トイレ2

お風呂とトイレのタイルが綺麗になって。

手すりの工事分を介護保険に
適応させていただきました。

そして手すり設置完成。


風呂4

足が弱くなっておられた施主様の
ご希望どおりに高さを調整し

浴室、トイレ、玄関に
それぞれ手すりを取付けました。

介護保険の認定を受け
訪問リハビリも受けることになり
2週間を過ぎた頃から
メキメキとやる気とリハビリの成果が上がり
よく外への散歩に出かけ
自室で寝ていることが少なくなったご主人様。

歩くことで自信がつき
私たちが工事に伺った時も
ずっとそばで監督をしてくださいました。
少しづつ会話も増え
まだふらつきはあるものの
住む環境がほんの少し変わっただけで
最初に伺った時とは
表情も動きも違ってきました。


何より奥様が
「きれいになって、手すりもついてホッとしました」

「介護保険のことを知らなかったので
 こんな風に利用できて本当に良かった!助かりました!」

と言っていただきました。


安心して
毎日を安全に快適に過ごしていただけることが
とてもとても嬉しく
晴れ晴れとした奥様の笑顔が
心に深く残りました。


トイレ3

手すり一本あることで
できることが増え
生き方が変わる!



そんな気がしています。
(*^^*)

今日も長文をお読みいただき
ありがとうございました。m(_ _)m



ケア・リフォーム暖家 WEBページはこちら
08 : 13 : 22 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「わからないから・・・」と 我慢をしていませんか?~前編~
2016 / 05 / 22 ( Sun )
先日、浴室とトイレに
手すりを取付けて欲しいと
お客様からご依頼をいただきました。

ありがとうございます。
と、早速
現場を見せていただき

お風呂1


奥様にお話をお聞きしますと
ご主人様が入浴中、浴槽から
立ち上がれず、ぐったりして
すでに救急車で何度も運ばれたとのこと

(・_・;)(汗)

奥様は介護保険の制度

「なんだかわからないし面倒で・・・」

と、申請をしておられませんでした。
奥様が大変な思いをしながらも
我慢をしておられたこと
にとても驚きました。

一刻も早い対応が必要です。

介護保険の簡単な説明をして
早速、市の地域包括支援センター
申請をしていただきました。

介護保険の内容や手続き方法は
まだまだ認知されていないようです。


介護保険制度は高齢、あるいは老化が原因の病気により
介護や支援が必要となった方が安心して生活できるよう
サポートするシステムです。

簡単に流れを説明しますと・・・

まず手続きとしては
ご本人の住民票登録がある市町村の
地域包括支援センターに申請をします。

(今回は鹿児島県阿久根市のリーフレットを参考に)

介護(あくね)

その場所・連絡先がわからない時は
市役所・区役所や町役場の福祉課で聞けば
市役所、町役場内にあったり近隣に併設されていたりします。
また地域の区長さんや、民生委員の方に聞くこともできます。

担当のケアマネージャーさんから連絡や訪問があり
介護認定の調査の後、30日以内に認定通知がきます。
そして、その方の介護度に応じてケアプランが作成されます。

ケアマネージャーさんを中心に
医療、福祉、介護サービス、住宅改修などの分野の専門家が
デイサービスや訪問リハビリなどの施設、サービス利用計画、
住宅改修や福祉用具の利用などのプランを
組みたてていきます。(内容は介護度によります)

手すり設置、段差改修などは
「介護保険住宅改修」となり、
要支援、要介護共に20万円を上限に、かかった費用の内1割の負担。
福祉用具購入やレンタルも1割~2割の負担で利用できます。(上限あり)

厚生労働省のページを参考にしてください。
http://www.kaigokensaku.jp/commentary/flow.html

まずは
地域包括支援センターに行かれてください。
とても丁寧に説明して下さいますよ。(^^)

介護1

介護保険制度を上手に利用して
安全で快適な、自立した生活を目指しましょう!


介護2


・・・・・・・
というわけで
ケアマネージャーさん立会いのもと
お客様には浴室やトイレでの
動作をしていただき
手すり位置の確認をいたしました。


ところが・・・!!
ここで問題が・・・!(@_@;)

話題の映画64-ロクヨンではありませんが
後編に続きます!
m(_ _)m
乞うご期待!


ケア・リフォーム暖家 WEBページはこちら
22 : 08 : 13 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ