FC2ブログ
親の家の片付けと転倒予防
2020 / 05 / 21 ( Thu )
こんにちは。
前回から少し時間が空いてしまいました・・・(汗)

ご高齢のご両親のことを
相談にこられた方のお話の続きです。

現在お元気で生活しておられるのであれば
まず「予防」から、とお話ししたのでした。

さて
高齢者にとって予防したいことはいろいろありますね。


家庭内事故予防や転倒予防
病気や認知症の予防
交通災害予防
ウソ電話詐欺に引っかからないことなど
生活のすべてに「予防」は必要
といっても過言ではないでしょう。

その中でも、統計的にとても多い
家の中での転倒予防についてお話ししていきます。



転倒予防のポイント①
<ご本人の「生活動線」を確認する。>

実は
高齢者の怪我のほとんどが
住宅など居住場所で起こっています。

日々の移動、たとえば
玄関ー居間ー台所ートイレー洗面所ー
浴室ー廊下ー寝室ーベランダなど
生活動線

「不安」「辛い」

と感じる場所をまずチェックしてみましょう。

危険はそこにあります。


つまずき

滑りやすい浴室や、段差のある玄関や部屋の入口など
「不安」「辛い」
と感じる危険な場所の改善から始めていきましょう。


また
生活動線から危険を取り除く視点で
親の家を見た時に気づくのは、
「モノが多いこと」
ではありませんか?


高齢になるとどうしても、
手の届くところにいろんなモノを
積み上げたり並べたり、
長年の蓄積が押入れやタンスだけでなく、
部屋の中に溢れてしまうことも多いですね。

自分でもどうしていいか
わからなくなっているかもしれません。


また、脱いだ衣類、買い物してきた袋などを
つい床に置いてしまい、それにつまづいて
転んだり骨折することがあります。

統計1
            資料:東京消防庁


意外にも、階段などの段差ではなく
同一平面上でのつまづきなどによる転倒
多いということなのです。



転倒統計
         資料:東京消防庁



一番 怪我が多い場所は「居室」なのです。

「居室」とは居間、キッチン、寝室などをさします。

つまり
生活の中心となる場所をいかに安全にするか?
ということになりますね。


ここから本題に入っていくのですが
長くなっちゃったので
次回に続きま~す(^^)
お楽しみに❤



スポンサーサイト



17 : 42 : 00 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<親の家の片付けと転倒予防~2~ | ホーム | 経験のないことは不安です。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ratro.blog.fc2.com/tb.php/58-fd054e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |