FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
認知症サポーターって?
2015 / 02 / 08 ( Sun )
先日、認知症サポーター養成講座を受けました。

サポーター資料

これは厚生労働省が
「認知症を知り地域をつくる」として
地域で認知症の方ををサポートする
全国展開のキャンペーンです。

今、全国的に認知症の方が増えていることが
社会問題となっていますね。

85歳以上の4人に1人は認知症といわれ、
40歳以上の方でも「若年性認知症」が発症することがあります。


そもそも認知症とは

一度獲得した知的能力が、後天的な病気によって持続的に低下すること。


以前は「痴呆」と呼ばれていましたが、あまりにも配慮に欠けた呼び方なので
2005年に改められました。

認知症サポーターと言っても特別なことをするわけではありません。
認知症のことを知り、当人やご家族を見守る「応援者」という位置づけです。

認知症資料


地域の中で支えあう仕組みづくりは真に必要です。

地域の慣れ親しんだ環境
住み慣れた住まいで暮らせる安心
認知症の人には望ましいともいわれます。

困ってらっしゃる方の手助けをするというだけでなく
だれでも自分や家族が、認知症になる可能性があるのです。

”自分ごと”として考えてみることも
理解への一歩ですね。

認知症の人への対応の基本的な心得として

1.驚かせない
2.急がせない
3.自尊心を傷つけない

大切なのは
まず知ることからですね。


認知症サポーターの証としての
オレンジリングを身につけて
もしもその状況にいた時には
「なにかお手伝いすることがありますか?」
と一声かける

社会的にこれが認知されていれば
オレンジリングは付ける必要はないのですが。


北欧やオーストラリア、イギリスでは
早くから様々な政策が取られていますが
日本はまだまだ取り組みが遅れがちです。

社会で
学校や職場で
地域で
仲間で

オレンジリングだけでなく
この輪がもっと大きな輪になり
広がっていきますように!
○○○\(^o^)/○○○




ケア・リフォーム暖家 WEBページはこちら
スポンサーサイト
10 : 02 : 04 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<# | ホーム | ”音のライブラリー”という選択>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ratro.blog.fc2.com/tb.php/15-313fea40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。