FC2ブログ
”音のライブラリー”という選択
2015 / 01 / 18 ( Sun )
今日は身近なことからの気付きを(^^)

先日、卒寿(90歳)をむかえた母が
「本や新聞を読みたいのに、少し読むと目が疲れてたくさんは読めなくなった。」
と寂しそうに言いました。
大正生まれの母は本や学ぶことが好きでしたが、家庭の事情で思うようにできない時代でした。
それを取り戻すかのように、今でもテレビより活字が好きなのです。

昨年、白内障の手術をして
「すっきりと綺麗に見えるようになった!」と喜んでいたのですが
やはり年齢とともに文字を読むことに対する心身の持久力が衰えてきたようです。

高齢になっても好奇心や向学心はとても大切ですね。
何とか気力を持続できる面白そうなものはないかと考えました。

そこで見つけたのが朗読のCD
童話から文学、論語まであります。
これなら寛ぎながらでも楽しめるかもと、アマゾンで即購入。

朗読CD

都会の図書館なら、音のライブラリーで借りることも可能なのでしょうけれど
なんせ田舎はそこまで充実していません。

朗読のCDは俳優さんが朗読されてるのもありますが
母の年代にはアナウンサーの語り口が聴きやすいだろうと選びました。

喜んでくれるでしょうか?


でもホントは
昨年104歳で亡くなった主人の祖母に、もっと早くこれをプレゼントしたかったんです。
ホントに本が大好きな祖母だったので。
タイミングを逃し、とても残念で悔しかったのです。


高齢になると、今までできたことができないということが除々に増えます。
とても残念ですが、それを自然なことと受け入れつつ
上手に付き合いつつ

クオリティ・オブ・ライフ・・・
人生・生活の質は落とさずに
少しでも心豊かに
安寧に暮らす工夫ができるように

色々な面からのサポートが必要なのだと思いました。


ケア・リフォーム暖家 WEBページはこちら
スポンサーサイト
21 : 57 : 33 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<認知症サポーターって? | ホーム | 自立を継続できる環境をつくること。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ratro.blog.fc2.com/tb.php/14-53f33ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |