FC2ブログ
一期一会
2019 / 09 / 28 ( Sat )
私達「暖家」の仕事は
住宅改修や福祉用具販売・レンタルのご依頼をいただき
ご本人やご家族にお会いし、ご利用が始まります。

私達の仕事は、住環境整備での「お客様」と「業者」という
関係だけではないと思っています。

障害や高齢のために不自由となっている
ご本人の症状、介護状況や、住環境に沿った支援や改善を計画・提案し、
工事や福祉用具レンタルを実施し、サポートしていきます。

玄関トイレ

その過程は
お医者様が患者さんの病気への対処をされるのと全く同じだと思うのです。

現在の症状や過去の病気、家族関係や介護状況などから、
「今」快適に過ごせる方法を見つけていきます。
その中から信頼感が生まれ、
徐々に親密なお付き合いをさせていただくようになります。


車いす

そして何年もお付き合いをする中で
避けては通れない「別れ」もあります。
自宅療養から介護施設、病院などへの入所、入院。
そして
天に召される時。


その日は突然やってくるときもあります。

先日、骨折のための入院後、介護施設にショートステイして、
自宅に帰るタイミングをはかっておられた
ご利用者様の担当者会議がありました。

骨折入院前よりもお元気で笑顔になられたS様に
スタッフもご家族も喜び、安心していました。
けれどもその2日後
もともとあった持病の心臓疾患のために亡くなられました。

ご家族様はじめ皆、驚き悲しみ、とても残念でなりませんでした。


白ばら

後悔しない介護を、
いつも自分にできる精一杯を、と常々考え努めていますが、
そもそも後悔しないことなど不可能なのかもしれません。

もっとああすればよかった、こうしたほうがよかったのかも・・・
と悔やまれるのです。
それは相手への愛情からではありますが、自分を苦しめることになります。
でも、それは誰も望まないことなのです。


私は
その選択と結果を「最善で、最適」だったと思うことにしています。


そして
出会わせていただいて、御縁をいただいて
その方の一番大変で辛いときにお手伝いさせていただき
大切な最後のときにかかわらせていただいたけたことを
心から有り難く深く感謝いたします。


白バラ


そして、またここから
丁寧に
ご利用者様に寄り添い
精一杯
誠いっぱい
日々、励んでいきたいと思います。

m(_ _)m

スポンサーサイト



17 : 00 : 00 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MCIと認知症
2019 / 08 / 17 ( Sat )
残暑お見舞い申し上げます。
立秋をすぎてもまだまだ暑い日が続いています。

レモンシャーbット
これは阿久根市の「秘密の花園」の”農園ガーデン空”の中にある
テラスカフェ空のレモンシャーベット♪空気も緑もパフェも美味!


さて、タイトルの
MCIとは「軽度認知障害」のことです。

軽度の認知症ではなく
そうなる前の状態。
日常生活に問題はなく、自立しているけれど
加齢ために起こる物忘れだけでなく
本人や家族などからの
「記憶障害」の訴えがあったりします。

一度認知症になってしまうと完治は難しく
できる限り進行を遅らせる工夫をしたり
日々の生活を心穏やかに過ごすことが大切です。

一方、MCI 「軽度認知障害」は
少し記憶力低下や外出をおっくうに感じたりという症状で
ここから認知症への予防をはじめると
発生を遅らせたり、発生しない可能性が認められています。

0001.jpg
暖家の「り・らいふ通信」8月号で掲載しています。

日本認知症予防協会のセミナーに参加し
「MCI専門士」の資格をいただいてきました。

目からウロコの認知症セミナーと共に
いろいろな悩みをもつ方々のお役に立てたら
嬉しいと思っています。

通信のトップにも
0002.jpg
生活習慣の見直しが大切なことを発信しています。

MCIは生活習慣の改善から
予防できたり進行をおくらせることも可能です。

自分の人生をより健康でいきいきと
より豊かに楽しくするのは
今の自分を知り、どうなりたいかを
自分の中に意識づけることなのではないでしょうか。

新たなあなたを生むのは
きっとあなた自身なのですから。
(^^)❤

14 : 37 : 50 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「自分でできる」を支える
2019 / 07 / 20 ( Sat )


1

「耳が聞こえにくくなって、目も見えにくくなったの。」

Ⅰ様は居心地の良い広いリビングで
和やかにお話してくださいます。

80歳を超えても、畑で野菜をつくり
食事もご自分で作り、お薬の管理もきちんと。
ご自分で心地よい樹木が繁るお庭も手入れされて。
たまに息子さんやお孫さんたちともお出かけしたり
自立した生活を楽しんでいらっしゃいます。

「私は今が一番しあわせ!」
その言葉に、在宅での自立を支えるケアマネジャーさんや
デイサービスのスタッフさん、そして私たち暖家のスタッフは
驚き、思わず笑顔になりました。

高齢であっても自分の生き方を自分で決め、できることは自分で。
介護が必要な部分はサポートを望まれます。

廊下

年齢を重ね足腰が弱ってきたとき
生活動線を安全に整えることで
自立した在宅生活を永く続けることができます。

トイレ   トイレ1-1


福祉用具の利用や、手すりを要所に取り付けることは
「自分でできる」をあと押しします。

玄関1   玄関1-1


家の中でも外でも、安心して歩けるサポート用具や
トイレや椅子からの立ち座りを支えてくれる
スグレモノ福祉用具・機器がどんどん開発、改善されています。

また、ご本人やご家族のご希望・特性に合わせて
手すり工事や段差をなくすことだけでなく、プロの視点から
水まわりや生活動線の見直し、モノの整理をすることで
より便利に安全に、心地よい毎日を過ごし
生きがいを生み出していくことは可能です。

私もこんなふうに余生を暮らしたいなぁ。
そんな風に感じながら手すり工事をさせていただきました。
これからも安全でお元気に過ごしていただきたいですね。

❤(*^^*)❤

21 : 36 : 12 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雨の災害に備えて
2019 / 07 / 06 ( Sat )
梅雨に入りましたね。
鹿児島では梅雨のことを「流し」といいます。
語源は雨がすべてを流すから、とも
梅雨の前後に吹く湿った南風のことを
「流し」と言うことから、
梅雨のことを指すようになった、とも
長雨(ながあめ)がなまって「ながし」となったとも
諸説あります。

あじさい

梅雨の時期は水害や土砂災害が
発生しやすくなります。
万が一、災害が発生したときを想定して、
いろいろな備えが必要ですね。

今月の暖家「り・らいふ通信」では
『Let’s start!防災生活』特集を掲載しています。
1.jpg
ご家族に高齢者、乳幼児、病人、妊婦などがいらっしゃると、
通常の非常時持ち出し品以外に様々な準備が必要となりますね。

3.jpg

早めに避難経路確認や非常時持ち出し品をリストアップし、
備えをしておくことで、慌てず行動できるようにしたいですね。


鹿児島では大雨の被害があちこちで発生しています。
皆様の地域に大きな災害が起こりませんよう
お祈りしております。
m(_ _)m
15 : 14 : 05 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛着のある我が家
2019 / 06 / 30 ( Sun )
日本三大急潮の黒之瀬戸大橋の近くで、
新規のご利用者さまの担当者会議でした。

黒之瀬戸

手すり工事と車椅子など福祉用具が
必要とのことでお声掛けいただき
ケアマネジャーさんや
施設のリハビリ担当の方と
素敵なご自宅に伺いました。

居心地の良いリビングで、
ご本人と奥様に日々の生活の様子や
不自由に感じていらっしゃること
そして、ご要望などを
丁寧に伺っていきます。

屋外手すりの下見に一歩出ると
涼やかな潮風と、勇壮な景観✨
手塩にかけたお庭の果樹も実り
ご夫婦で培ってこられた
大切な時間が垣間見え
それは奥様の優しい笑顔にも
溢れていました✨

病気や障がいあっても
愛着のある我が家で
住み慣れた環境で心地よく住まうための
工夫を提案させていただきます。

素敵なご夫婦のやり取りを聞きながら
こちらがほっこりと
幸せな時間をいただきました😊

”暖家”の名前のように
私達も心暖かな場所をつくっていきたいと
再度気持ちを新たにさせていただきました。

ありがとうございました😌✨

13 : 50 : 57 | ケア・リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ